2013/5 No.426
<京都教区時報 2013年5月号目次>

・1 キリストを誇る喜び

・2   小立花忠 司祭叙階式

・3  シリーズ小教区  魅力ある教会って??  名張教会



・4   青年センター 運営委員の紹介

・5  大塚司教 5月のスケジュール

・6  5月のお知らせ 

  



2013年 司教年頭書簡
信  仰 パート3


4. キリストを誇る喜び
        

ヨハネ・マリア ヴィアンネ 小立花 忠
司祭叙階式(2013.3.20)

 神はエレミヤを通して、民に伝えます。

 民が自分の知恵や富を誇ることなく、私があなた方の「主」であり、慈しみと誠実と正義であることを知り、理解することを喜ぶと(エレミヤ9・23)。

 パウロは、これを受けてローマ書では、人を救うのは律法を自信にあふれて守ることではなく、むしろ主の十字架の死と復活によりもたらされた、その救いを神の愛と受け止めて、信じ生きることであると教えます(ローマ3・27)。

 年頭書簡は「キリストを誇ることは喜びだ」と語ります。

 イエスの福音の神秘を理解したと言うより、肌で感じるように直感的に悟ったのは、自分の義を誇る信心家ファリサイ派のような人ではなく、また律法を厳密に守りその知識を誇る律法学者たちではなく、幼児のような素直な信仰をもって愛の中に受けとめた人、例えば弟子たちのような、いわゆる小さく貧しい人々であったことを主は歓喜されるのです(ルカ10・21)。

 このことをとてもよく理解したのが、幼きイエスの聖テレジアでしょう。聖女は自分の生きる道が、幼児のように愛と信頼の中に神に委ねて生きる生き方であり、また私たちのため、そのいのちを奉げてくださった神の憐れみに、自分をいけにえとしてささげる道であるとも申しました。

 高慢な私たちは、信じている神を誇り「自分の信仰を誇る」とき、律法学者やファリサイ派の人のようになりかねません。幸いパウロは「主において誇れ」(Tコリ1・31)と書きました。「主において」なら、謙虚に主に結ばれているかぎり「小さな人」の一人として、主の喜びにあずかることが出来ると思います。
      村上 透磨



ヨハネ マリア ヴィアンネ 小立花 忠
司祭叙階式



2013年3月20日
カトリック河原町教会

 2013年3月20日にカトリック河原町教会(カテドラル)において、ヨハネ マリア ヴィアンネ 小立花 忠 司祭叙階式が約900名の参列により行われました。また、3月24日(受難の主日)では同カテドラルにおいて、師の司式による初ミサも行われました。師からのメッセージと当日の写真を紹介いたします。


赤ん坊の歩み   ヨハネ マリア ヴィアンネ 小立花 忠

 神の限りない慈しみと、皆様方のあついお祈りによって司祭叙階の恵みをいただきました。叙階式の時は、開式20分前に用意していた式次第がなくなってしまう程、予想外にたくさんの方にお集まりいただきました。ミサの初めから最後まで立っておられた方、寒い中を外で聞き耳を立ててくださっていた方などがおられたと聞きました。聖堂内はあついお祈りの空間となり、喜びに包まれた賛美の歌が響き渡り、こんなに素敵な叙階式に与ることができた私は、本当に幸せでした。叙階式の間、当の本人は神への賛美と感謝に夢中でしたので、あまり記憶がありません。人間の意志を超えた神の働きというのは、このようなものなのかもしれません。叙階式とパーティーが終わって、一人、部屋に帰った時に、やっと、今日の出来事を噛みしめることができました。

 叙階されて司祭になったのですが、昨日の自分と今日の自分が違っているようには思いませんでした。聖霊が私に降り注ぎ、何か変わる、なんていうことはありません。司祭職はこれからの積み重ねによって、完成に向かっていくのだと思います。私は、生まれたばかりの赤ん坊。ゆっくりと時間をかけて真の司祭であるキリストを目指して歩み続けるのでしょう。まだ、よちよち歩きもできずに「オギャー、オギャー」と周りに騒音を撒き散らして、お世話してくださらないと生きていけないような赤ん坊、そんな赤ん坊を神様は、そっと抱いて、「こっちだよ、あっちだよ、こうやって食べるんだよ、こうやって、歩くんだよ。」と育ててくださるのだと思います。

 今、初めてのことが一杯あって、オロオロしながら歩んでいます。出身教会での初ミサのときも「オペラ・ミサ」などと言われて、「あらら、やっぱり癖は抜けないのだろうか。」と思い悩み、ミサの所作を間違えたときも「どうしましょう…」と心の中で動揺します。右往左往しながら歩んでいます。至らないことが多々あって、ご迷惑をかけることも多いと思います。そんな時は「新司祭だから仕方ないよな〜」と思って、優しくご指導ください。
 とりとめもないことを思いつくままに書きました。男44歳。世の中では、ただの「おっさん」、中堅どころで働き盛りなのでしょう。しかし、私は、新しいことを始めたばかり。この年齢になって、新たな一歩を歩き始めたことに感謝しています。いつも予想に反する恵みを与えてくださる主に信頼して、皆様からのお祈りと励ましをいただきながら、新しい教皇様とイエス様と共に、歩んでいきたいと思います。


叙 階 式

  初ミサ
 3月24日(受難の主日
説教(マイクがなくても!) 派遣の祝福







シリーズ小教区

魅力ある教会って ??? (名張教会)
  
  


― わかば会誕生、語り合い
    知り合い、絆深め合う ―



 名張教会では、共同宣教司牧をより推進するため、評議会を中心に、各部会が盛んに活動しております。
 今回はその中の任意団体である、高齢者の集い“わかば会”を紹介します。
 六十歳以上を中心に希望する方々の集いです。

「老人会?」七十代のある男性の「私は老人じゃないよ。」との声に「わかば会」と命名され、昨年6月に誕生しました。現在は三十名の会員で、毎月、月初めの日曜日の御ミサ後、各自弁当持参で、教会ホールを利用し、高齢者同士で気楽に、語り合い、知り合い、絆を深めつつ、お互いに信頼関係を築こうとの本来のわかば会の趣旨のもと、会合を開いております。長い人生の中、楽しかった事、苦しくて困った事、また悩みや相談したい事、祈りにより救われた等の長年の経験からにじみ出る話等、分かち合いつつ、現在も回を重ねております。

 昨年は毎月の会合の他、近傍の自然豊かな温泉地や、川魚料理を楽しむ企画をし、格安料金のバスを利用し、三回ほど日帰りの旅をしました。湯につかり、ゆったりとした気持ちで語り合い、絆をより深め、和気あいあいの一時を過ごすことができました。また秋には、仲間の家庭菜園におもむき、薩摩芋掘りに童心にかえり、秋空のもと、大きなもの、奇形なもの等、持ち上げ、写真に収まりました。そのような様子を、短歌や俳句や感想文として綴り、名張教会の俳壇、歌壇として紹介し、また一年の歩みとして「わかば新聞」なる手作り新聞に、その折々のエピソードや会合のあらまし等を紹介し、会員や希望する皆さんに配布しています。

          

 また、玄関ホールに“声”なるボックスを設置し、広く訪問者の意見を求める為の意見箱として、今まで数多くの、貴重な意見をいただき、評議会の意見を添え回答しております。

 今年は、子供会との合同の催し物をしてはとの意見で、合同芋掘り、花見等をすることになりました。
高齢者と子供共々で、名張教会をより活性化し、盛り上げ、信者一人ひとりにとって“私の教会”になるように、小さな教会だからできる家庭的でぬくもりのある、楽しくて何でも言える開放された教会へと、日々進行している名張教会であります。皆さん、是非、名張教会に足を運んでみてください。お待ちしております。

    カトリック名張教会








青年センター あんてな

新年度青年センター運営委員の紹介


<京都南部地区>

八幡教会 田川愛美子
 青年センターと各地区の青年の良い結びつきができるよう、積極的に顔を出して行きたいです!!     

九条教会 松浦歌織
 昨年度に引き続き京都南部の運営委員をさせていただくことになりました、松浦歌織です。昨年に引き続き頑張りますので、よろしくお願いします。   

<京都北部地区>

西舞鶴教会 白濱みゆき
 本年度も継続させていただくことになりました。白濱です。 本当に微力ですが、継続させていただきます。よろしくお願いします。

西舞鶴教会 小林真衣
 京都北部運営委員の小林真衣です!新運営委員が加わり、新たな気持ちで、楽しく、頑張っていきますので、みなさん、応援よろしくお願いします!  

<滋賀地区>

唐崎教会 山本優理
 滋賀地区代表の山本です。運営委員としては今年で4年目となります。まだまだできることは少なくて仕事の関係で委員会にも参加できないことも多いですが、その限られた中でも青年センターと地区とを結ぶお手伝いができるよう動いていきたいと思います!よろしくお願いします! 
 
唐崎教会 木村哲朗
 新しく運営委員となりました木村哲朗と申します。今まで教会の青年活動を通し、“本物の出会い・経験の場”に参加させていただきました。そこで得た糧を、少しでも教会に還元していきたいという思いです。よろしくお願いします。     

<奈良地区>

奈良教会 石原茉奈
 またしても続投させて頂くことになりました。一大イベント!全国の青年が集まるNWMの準備に力を入れつつ、毎月の活動も大切にしたいと思います。  

<三重地区>

伊勢教会 濱口聡子
 三重県伊勢教会の濱口聡子です。今年度も引続き京都教区の青年として運営委員を努めさせていただきます。まだまだ未熟ではありますが、努力いたしますので、よろしくお願いします。      

<青年センター事務員>

河原町教会 橋本仁
 こんにちは!昨年に引き続き、青年センターの事務員を務めさせていただきます橋本です。今年度も、気を引き締めて一層青年活動に力を入れて行きたいと思っています!是非、皆様の温かいご支援を引き続きよろしくお願いいたします。   

 今年度は、このような顔触れで頑張っていきたいと思います。新年度も、どうぞよろしくお願いします。








    大塚司教 5月のスケジュール




5日(日) 9:30 京都北部地区 宮津ブロック司教訪問(宮津)
7日(火) 14:00 青少年委員会
9日(木)−10(金) 日本カトリック神学院 常任司教委員会(東京キャンパス)
11日(土) 10:30 三重地区 病者・高齢者訪問講座(三重研宗館「津教会 横」)

12日(日) 10:00 滋賀地区 湖東ブロック司教訪問(彦根)

13日(月) 14:00 司教顧問会
14日(火) 14:00 (学法)滋賀カトリック学園 理事会
15日(水) 14:00 (学法)カトリック京都学園・京都南カトリック学園 理事会
       19:00 教区聖書講座(河原町)
16日(木) 10:30 教区聖書講座(河原町
)
17日(金) 10:00 近畿カトリック学校 新任教職員研修会(河原町)
18日(土) 14:00 聖母の小さな学校 支える会 総会(西舞鶴)

19日(日) 14:00 京都南部地区 合同堅信式(河原町)
21日(火) 14:00 (社福)カトリック京都司教区 カリタス会 理事会
22日(水) 「求道者に同伴する信徒」の養成講座(河原町)
23日(木) 10:00 草津カトリック幼稚園 創立50周年 講演(草津教会)
24日(金) 14:00メリノール女学院理事会





2013年3月20日 カトリック河原町教会 司教座聖堂





  5月のお知らせ        


福音宣教企画室 Tel.075(229)6800
 信仰年講演会 −信仰を生きる−
  日 時:25日(土) 14:00
  テーマ:キリスト者にとっての環境問題
  講 師:瀬本 正之 師(イエズス会)
  場 所:河原町教会 ヴィリオンホール
  参加費:300円

聖書委員会/Tel.075(211)3484 (水)(木)
 聖書講座「信仰の喜びと福音宣教」

  日 時:15日(水) 19:00 16日(木) 10:30
   テーマ:福音宣教の使命
   講 師:大塚 喜直 司教

 日 時:29日(水) 19:00 30日(木) 10:30
   テーマ:貧しい者と福音宣教
   講 師:一場 修 師(マリスト会)
 会 場:河原町教会 ヴィリオンホール

 よく分かる聖書の学び
  日 時:22日(水) 10:30 参加費:300円
  講 師:北村 善朗 師
  会 場:河原町教会 ヴィリオンホール


《地区協議会》

奈良カトリック協議会
 聖書講座− 信仰の核としての出エジプト記 −

  日時会場:10日(金) 19:00 大和郡山教会
        11日(土) 10:00 奈良教会
   テーマ:エジプトにおけるイスラエル人
   講  師:ルカ・ホルスティング 師(フランシスコ会)

 日時会場:24日(金) 19:00 大和八木教会
        25日(土) 10:00 奈良教会
   テーマ:モーセの生い立ち、召しだし
   講  師:クエンジ・カンパタ・ダニエル 師(淳心会)


《小教区・修道会》

男子カルメル修道会
(宇治修道院)
   Tel.0774(32)7016 Fax.(32)7457
 キリスト教霊的同伴(松田 浩一師)
  日 時:2日(木) 20:00〜6日(月)15:00
  参加費:25,000円(宿泊・食事込)
  限 定:10名

 水曜黙想(松田 浩一師)
  日 時:15日(水)10:00〜16:00
  テーマ:信仰年における聖母マリア
  参加費:2,700円(昼食代他)

 一般のための黙想(今泉 健師)
  日 時:25日(木)17:00〜26日(日)16:00
  テーマ:三位一体の中で祈る
  参加費:6,500円(宿泊・食事込)


聖ドミニコ女子修道会(京都修道院)
   Tel.075(231)2017 Fax.(222)2573
 ロザリオを共に祈る会
  日 時:17日(金) 10:30〜12:00

 みことばを聴こう!
  日 時:6月1日(土) 14:00〜16:30
  テーマ:聖体の秘跡と聖トマスの世界
  指 導:Sr.藤田智子(聖ドミニコ女子修道会)
  対 象:青年男女/会費:300円


 ノートルダム教育修道女会(唐崎修道院)
 召命黙想会 <主に選ばれる恵み>
  日 時:18日(土)15:00〜19日(日)15:30
  テーマ:わたしは主のはしためです
  指 導:山内 十束師(御受難会)
  対 象:独身女性信徒/費用 2,000円
  締切り:12日(日)(事前申込要)
  申込み:Tel.077(579)2884 Fax.(579)3804



《諸団体》
京都カトリック混声合唱団

 練習:12日(日) 14:00 /25日(土)18:15
 カトリック会館6階

コーロ・チェレステ(女声コーラス)
 練習:9日(木) /23日(木) /30(木) 10:00
 カトリック会館6階

子羊会の黙想会
 日時:25日(土) 10時〜15時
 指導:村上 眞理雄師 場所:衣笠教会

心のともしび 番組案内 
 テレビ(衛星.CATV)スカイAスポーツプラス
   毎週土曜日 朝7:45
   松浦信行師(大阪教区)による
   シリーズ「イエスのポートレート」
 ラジオ(KBS京都) (月)〜(土)朝5:15
   5月のテーマ「母の後ろ姿」

聴覚障がい者の会
  5月14日(火) 11:00 手話ミサと交流会
   参加費/800円 河原町教会ヴィリオンホール
  6月4日(火) 13:00 典礼の手話表現学習会
   (聖書と典礼)カトリック会館 6階

京都カナの会
  6月2日(日) 13:30 例会 カトリック会館6階

京都教区サポートセンター
  東日本大震災「大船渡支援」献金報告

    3月分 2,032,439円 / 累計 27,677,567円

  ボランティア募集中 
   詳細は京都教区ホームページをクリック


  「大船渡支援」献金 郵便振替口座
   口座番号「01000−2−0024724」
   加入者名「カトリック京都司教区本部事務局」
   摘要欄に「大船渡支援」とご記入ください。

 



時報TOPに戻る