スポーツ・フェスタ 2006 

10月14日(土)

メッセージ

 今日は、来てくださってありがとうございます。

 少し、自分の今までのことを話します。僕は、中1の二学期から不登校になりました。学校に行けなくなったことや、自分の気持ちを誰も理解してなくて、人も嫌になり、自分も嫌になって1人、布団の中で涙を流しました。とてもつらかったです。死にたいと思ったこともありました。そんな中で高校へ進学したけれど、また中学校のころの生活に逆戻りしました。

 そんな時、不安ながらも聖母に来ました。はじめはなれなかったので、あまり行きたくなかったです。でも段々慣れていき理解してくれる先生がいて、同じような悩みを持つ仲間がいるから自分でも通いたくなりました。

 今は、聖母で勉強していて、多少は嫌なこともあるけど、その倍ぐらいにいい事もあります。そして全てを理解してくれてるとは思わないけど、少しは理解してくれる人が増してきました。だから生きていて希望が持てるようになりました。
僕の今の目標は、人に自分のことが出せるようになることです。

 皆でパネルや手話を一生懸命がんばったので、今日は、ありのままの僕たちを見ていてください。

スポーツ・フェスタ2006大成功

生徒の参加の仕方はそれぞれ異なるけれど、

ひとりひとりが精一杯やりました。

すがすがしさが残りました。

また、参加した人たちは、全員で80名でした。

みんな、感動しました!