京都司教 パウロ大塚喜直

       

Paul Yoshinao OTSUKA BISHOP of KYOTO 1997.6.15


司教紋章の説明

 A(アルファ)でありΩ(オメガ)である主の十字架の神秘のうちに、 希望の星・聖母の星に導かれ、父なる神に向かって、世の荒波を渡っていく教会の船。 ミトラの帆は、聖霊の風をはらむ。

 帆には京都教区の1府3県を表す4つの十字が印され 司教の杖は船を支え、神の民の一致が保たれる。

 船体には Ego sum, nolite timere「わたしだ、おそれることはない」との主のことば。

 AからΩへと向かうその旅がいかに困難であろうとも 心をひとつにして感謝と信頼のうちに旅を続けよう主はいつも共にいてくださり励ましてくださる。

司教のモツトーは Ut omnes unum sint 『みながひとつになるように」

Back to Home