広 報 委 員 会

(教区)

2012年8月3日〜4日 

比叡山宗教サミット

写真をクリックすると大きくなります









...

世界宗教者平和の祈りの集い

国立京都国際会館

 比叡山宗教サミット25周年記念「世界宗教者平和の祈りの集い」が8月3日に京都市左京区の国立京都国際会館と4日には大津市の比叡山延暦寺で行われた。
これは、1987年から「比叡山宗教サミット」として毎年行われ、今年は25周年の記念行事であった。
 国内外の宗教・宗派を越えて平和への道を探るもので、13カ国から約1200人が参加し、仏教、キリスト教、イスラム教の代表者があいさつをした。カトリックからは、バチカンから来日した、諸宗教対話評議会名誉局長ピエル・ルイジ・チェラータ大司教が、教皇メッセージを述べられた。
来賓として、バチカン駐日教皇庁大使ジョゼフ・チェノットゥ大司教とパウロ大塚喜直司教も参加された。
 今年は「自然災害の猛威と宗教者の役割」をテーマに記念講演、シンポジウム、フォーラムが行われ、延暦寺では「原発を稼働し続けることは宗教的、論理的に許されることではない」と訴える「比叡山メッセージ2012」が発表された。また、各国の宗教者たちにより戦争や自然災害による犠牲者を追悼し、祈りがささげられた。

写真をクリックすると大きくなります

写真をクリックすると大きくなります

教皇メッセージ

シンポジウム

比叡山延暦寺

控え室でも宗教サミット?

15時30分 平和の鐘が鳴り 黙祷

仏教

キリスト教

 

各宗教の作法で祈りがささげられた

 仏教
 キリスト教
 イスラーム
 新日本宗教団体連合
 教派神道連合会
 神道
 諸宗教

教皇メッセージ
比叡山メッセージ2012