カトリック京都司教区

神学生・司祭養成協力会

( 一 粒 会 )

神学生・司祭養成のために祈りと献金を捧げましょう

お問い合せは、各小教区か教区本部事務局まで

カトリック京都司教区本部事務局
電話 075-211-3025
Eメール honbu◎kyoto.catholic.jp
(スパムメール防止のためこのようにしています。◎を@に変えてメールをお送りください)

一粒会規約

召命のための祈り





カトリック京都司教区 神学生・司祭養成協力会(一粒会)規約

(名称)
第1条 本 カトリック京都司教区 神学生・司祭養成協力会は一粒会と称する。

(目的)
第2条 本会は、京都司教区関係の司祭・神学生の召命と養成に寄与することを目的とする。

(会員)
第3条 京都司教区内の信者、求道者であって本会の趣旨に賛同する者は、本会の会員になることができる。
第4条 会員は、次の各号に掲げることを行う。
(1) 会員は司祭・神学生の召命のために祈りを捧げる。
(2) 毎月定額の献金をする。
(3) 会員の増強をはかる。
第5条 会員のため、次の各号に掲げるミサと祈りが捧げられる。
(1) 毎年1回(聖ブランシスコ・ザビエルの祝日)、京都司教区司教またはその代理者によって、特に会員のためにミサが捧げられる。
(2) 毎月1回、司祭によって会員(物故会員を含む)のためにミサが捧げられる。
(3) 毎月、神学生によって、会員のために祈りが捧げられる。

(担当司祭)
第6条 本会は、教区司教が委嘱する担当司祭1名を置く。
  2 担当司祭は、本会の収支を確認し、本会会員の増強と目的の推進に努める。

(献金)
第7条 本会の献金は小教区を通して、全額本部事務局に送られる。
2 献金は、1口100円とし、何口でもかまわない。
3 献金の使途は、原則として以下の各号の通りとする。
(1) 教区神学生については、その養成にかかわる経費の全額を負担する。
(2) 京都司教区で働く修道会・宣教会の神学生養成については、日本国内でその養成が行われている場合に限り、経費の一部を負担する。
(3) 京都司教区で働く修道会・宣教会の神学生・司祭が日本語学習機関で日本語学習を行う場合、その経費を負担する。

(会計)
第8条 本会の会計は、教区本部事務局が行う。
第9条 本会の会計は、教区会計に含まれる。

付則

この会則は、2003年6月26日の司教顧問会において承認され、大塚司教の認可を得た。2003年7月1日付けで施行する。